新着情報

総合保育サービス/アイエムアイの最新の情報をお届けします。

uhb みんなのテレビ


本日午後、uhb『みんなのテレビ』で理事長の託児風景を紹介していただきました。

 


棟晶様の「低燃費住宅バスツアー」に先日参加させていただいたときのもので、棟晶様、お客さまにもご満足していただき、アイエムアイとしましては貴重な経験をまたひとつ積ませていただきました。

 

 

アイエムアイは、イベント保育をはじめ、日常の様々なシーンの中で託児サービスを提供できる、機動力のある保育サービスを今後も目指してまいります。

みなさまのさまざまな託児アイデアを実現する手段として、アイエムアイをご利用いただければ幸いです。

 

今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。

 

 

≫ Read More

2015/04/17   web writer

似顔絵サービス開始のお知らせ


いつも、アイエムアイをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 


アイエムアイでは創業2周年を記念して、4月1日より、託児の付帯サービスとしまして、似顔絵サービスを開始させていただくこととなりました。

 

現在、アイエムアイのシッターサービスをご利用のお客さまはもちろん、ご利用いただいていないお客さまも似顔絵サービスを注文していただくことが可能です。

お子様だけでなく、保護者様の似顔絵にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

アイエムアイは、創業三年目も、質の高い保育とお客さまの満足を目指して頑張ってまいりたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 


■アイエムアイ 似顔絵サービス概要

 

対象:お子様、保護者様、あるいはご一緒の場面

 

お申し込み方法:似顔絵イラストをご希望される写真を一枚ご提供ください

 

イラストの方法:色鉛筆を使った手書きイラスト(デジタル手法は一切用いません)

 

料金:一枚 2777円+消費税       3000円(税込)

 

出来上がりまでの期間:約一週間

 

お渡し:画用紙に描かれた原画のお渡しとなります(郵送もしくは手渡し)。

 

イラストレーター: 北川 起代(一般社団法人アイエムアイ)

 

 

【サンプル】※フレーム等は料金に含まれません。

SampleA

 

SampleB

 

 

≫ Read More

2015/03/29  

託児フォト送信サービス

いつもアイエムアイの託児サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
 

このたび、長時間ご利用のお客さまを対象とした、託児フォト送信サービスを始めました。


託児フォト送信サービスは、メールアドレスをあらかじめご登録いただくことで、2〜3時間おきに託児中の写真および簡単な経過報告をメールにて継続的に送信させていただくサービスです。

その日のお子様の状況を、外出時でも確認することができ、安心です。


無料にてご提供させていただきますので、ご利用開始の際は申込書類に必要事項をご記入の上、担当者までご提出ください。



これからも、よりよいサービスに努めてまいります。
 

 

託児フォトサービスサンプル画像

≫ Read More

2015/01/17  

スタッフブログ開設のお知らせ

本年は、多くの方にサポートしていただき、誠にありがとうございました。
 

2015年より、新たにアイエムアイ・スタッフブログを開設いたします。

アイエムアイの日々の活動や、スタッフたちの声などをお届けすることで、アイエムアイの保育現場をより身近に感じていただければ幸いです。
 

アイエムアイは、来年も皆様に喜ばれるサービスを目指して、努力してまいりたいと思います。



来年も、よろしくお願いいたします。

 

スタッフブログ

≫ Read More

2014/12/24  

年末年始営業のお知らせ

本年も、年末年始は休まず営業させていただきます。

 

急な所用が生じたときなど、お気軽に下記までお問い合せください。


011−215−9904

電話は2個イチゴ−9個クレヨン。

 

ベビーシッターチラシ

≫ Read More

2014/12/23  

面会交流サポート事業開始のお知らせ

2015年の1月より、アイエムアイでは、これまでのベビー・キッズシッター、イベント保育事業に加え、三番目の事業項目として面会交流サポート事業を開始いたします。


「面会交流」とは、離婚等の事情で、お子様と離れて暮らしている親が、お子様と直接会ったり、親子の交流をすることを指す言葉で、難しい言葉で言うと、「離婚後又は別居中に子どもを養育・監護していない方の親が子どもと面会等を行うこと」を意味する法律的な意味合いのある言葉です。
 

送迎や場所の提供を含め、アイエムアイではリーズナブルな価格でサービスを提供してまいります。


詳細は、お電話又はメールにてお気軽にご相談ください。

011−215−9904[お電話は、2個イチゴ・9個クレヨン]

mail: info@chiiki-imi.org

 

面会交流サポート

≫ Read More

2014/12/19  

こども學舎講師

平成27年度より、当法人の北川理事長が、札幌市西区琴似にある保育士養成校「こども學舎」で『社会的養護』の授業を担当させていただくこととなりました。

「こども學舎」は、2013年(平成25年)度、全国で初めて、特定非営利活動(NPO)法人運営の「厚生労働大臣指定保育士養成施設」となった保育士養成施設で、校内に託児ルームを設置するなど、ひとり親家庭であっても資格取得を可能とした画期的な学校です。


こうした先進的な学校とご縁がいただけましたことに感謝しています。東京アカデミーと同様に、北川の熱く誠実な講義で一人でも多くの方に保育士になっていただけるよう全力でサポートさせていただく所存です。

 

こども學舎

≫ Read More

2014/11/14  

円山散歩道

円山地区を中心に発行している地域限定情報誌『円山散歩道』2014年秋号に、アイエムアイの北川理事長を取り上げていただきました。

貴重な誌面を割いていただきありがとうございました。ご期待にお応えできるよう、気を引き締めて頑張ってまいりたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

円山散歩道A

円山散歩道B

≫ Read More

2014/09/17  

ボランティア面接

アイエムアイと各保育系短大・専門学校が提携し、学生の方々に保育体験をしていただけるボランティアプログラムが始まりました。

 

本日は、3名の学生の方に来ていただき、和やかな雰囲気で面談をおこなえました。


アイエムアイは、これから保育士を目指す学生の方々に、昼間のシッターやイベント保育など、現場の雰囲気を味わってもらい、保育の仕事の醍醐味や楽しさを感じていただけるよう、これからも継続してボランティアの方々とのコミュニケーションに努めて行きたいと思っています。
 

保育の現場は、柔軟な対応や判断がつねに要求されます。こうした臨場感を学生時代に体験することで、資格取得に向けたモチベーションアップや学習深度に大きく影響する、というのが代表理事の考えです。
 

交通費は全額支給、ボランティア保険もアイエムアイが全額負担いたしますので、志のある方はお気軽にお問い合せください。

 

ボランティア面接

≫ Read More

2014/08/11  

清水町視察研修

このたび、十勝清水町より町議会議長をはじめ、町議会職員の方々8名がアイエムアイに視察研修に来られました。

 


研修の内容は、育児コンシェルを中心としたアイエムアイ独自の保育スタイルについてで、これまでの経験を織り交ぜながらじっくりお話しをさせていただきました。十勝からはるばるお越しいただく方々に、来て良かったと思っていただけたのではないかと思っています。


私たちは、札幌市以外であっても、保育に関して共通したビジョンをお持ちの方々と連携・提携しつつ、近未来の保育サービスのあり方について模索してまいりたいと思っています。


これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

清水町

 

清水町「所管事務調査について」の内容紹介(平成26年9月9日発表資料より)

 

【一般社団法人アイエムアイ】
 平成 25 年4月に設立し、保育園、託児所、ベビーシッターなど
の事業を運営。
 経営理念として、「働きやすい明るい職場」を実現し、次に「よ
りよいサービス」を実現するとしている。
 アイエムアイでは、育児コンシェルという専任スタッフが保護者
からの保育に対しての要望や相談を専門に聞き取って、保育士に伝
えるシステムを採用している。業務を分けることによって、保育士
は保育に専念することができるため、業務の負担を軽減する仕組み
となっている。
 子どもにとって良い保育を提供できても、保育士と保護者との関
わりが良好でなければ、子どもの情緒不安定の原因にもなりかねず、
子どもの気持ちの安定に必要なのは「家庭の安定」であることから、
第三者であるコンシェルが仲介することによって、より良い環境を
提供できるとのことであった。
 アイエムアイでは、母性型が多い現状の保育形態から、父性愛に
も配慮をした母性・父性の双方が均等に注がれる調和のとれた保育
を目指し、実践している。
 今、イクメンという言葉が子育てに関して取り上げられているが、
イクメンとは家事を行う育児中の男性を指すものではなく、父親自
身が主体となり、自主性を持って育児を行うことがイクメンである
とのことである。男性が持っている子育て力を、男性自身が実際に
行動に移し、母親は男性の子育ての力を信じて協力して行うべきと
のことであった。父性とは冒険や道徳、秩序などの縦の関係であり、
母性とは感謝や共感といった横のつながりを持ったものである。子
どもが人生の困難に直面したときに、困難を乗り切る力は、父親か
ら受ける社会性や自主性の力が大きく関与しており、子どもの自主
規制の発達にも役立っている。
 アイエムアイでは、父性愛は父親だけに限定されるのではなく、
祖父や学校の先生などとの関わりをとおして父性愛に触れることも
できるが、それには子どもから尊敬されていることが大前提であり、
両親が揃っていても、父親が育児放棄をしているような家庭では意
味をなさないとのことであった。
 子育てには、母性と父性の調和や、子どもを持った親だけでなく、
社会全体で子どもを育てる環境が重要であり、次の世代を担う子ど
もたちの健全な育成のためにも、今の大人たちが果たしていく責任
は重大なものであるとの認識を更に深めることができるものであっ
た。

 

清水町取材の様子

 

≫ Read More

2014/07/26  
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 011-215-9904

受付時間:平日
9:30〜18:30

FAX 011-215-9201

受付時間
24時間受付